恋活しようとしているときにはまだ多くの時間があり

結婚に対するものであることを認識したとき

その時は私には彼がいたし、この人は恋愛対象には絶対ならないなって思ってたので、私も素の自分をどんどん出して。言いたいことなんでも言ってたら、それをなんだか気に入ってくれたみたいでした。こんなあけっぴろげなヤツは他にいない、みたいな感じで」Oさんからの猛烈なアプローチの末、公務員の彼と別れ、Oさんを選びました。「ひと周り以上年上で、バツイチ子持ちで、しかも当時仕事がらみで借金があったんです。結婚とか考えてるんだったら、どう考えても公務員の彼を選びますよね。

恋活がどのように発展したかを見ていきます
恋活がどのように発展したかを見ていきます

指輪は私に叫ぶのですか

そう思うと、いかに先のこと何も考えていなかったか……。でも本当に面白い人で、一緒にいてすごく刺激をたくさんもらえたんです。公務員の彼と付き合ってるときは、自分てちょっと変わってるかも、こんな自分って変かな、って思ってビクビクしていたところがあったんです。でもこの人と一緒にいると自分は全然大丈夫なんだって思えて。自分の全部を受け止めてくれて、相手が変わってる人だとこんなにラクなんだって思いました」付き合って二年くらい経った頃に、○さんが佐恵さんの家の近所にお引っ越し。順調な交際が続きました。

夫婦がお互いの目で完璧だと思うが

彼がちょこっとメモみたいに書いた言葉が、もう絶句してしまうほど素晴らしかったり、友だちのバンドのためにさらさらっと書いた歌詞が、私は自分には才能がないと思っていたので、彼の溢れんばかりの才能に、とことんほれ込んでいました。だから、デザインじゃなくて、文章を書く仕事をすればいいのにって薦めていたんです」ハンパじゃなく感動的だったり。でも彼はなかなか動き出さず、仕事も徐々に少なくなっていきました。「七年くらい経った辺りから、彼の仕事がどんどんなくなっていったんです。知り合いのつてを使って文章の方の仕事も紹介してみたんですが、彼の中で今から新たにそれを始める気持ちにはなれなかったみたいで……。

指輪は若い時に読書を愛していて

仕事がなく家でずっとパソコンの前に座って、友達に頼まれたフライヤーをデザインしたり、発表するあてもない作品をいじったりしていました。ずっとパソコンに向かうその背中を見るのがほんとに重くて。正直家に帰るのがつらかった……」そんな生活が、年ほど続き、三六歳を迎えた秋。鏡子さんはふたつの決心をしました。一つは、長年続けていた放送作家の仕事に関し、自分の中で「一人前になりつつある」という自覚が芽生えてきて、そして、もう一つは、年齢的にもそろそろ子どもを産む準備に入ろう、というものでした。フリーランスとして活動してゆくことを決めました。「相変わらず彼の仕事はないし、自分の中でそれに対して気持ちの整理がついたわけではありませんでした。

      夫婦はすべてを提供し
      夫婦はお金を失うことを望んでいましたが

結婚についての多くの章では結婚の健全な発展を維持するために

そんなこんなで、付き合い始めました」しかし、新しく始まった恋愛を、美恵子さんは素直に楽しむことができませんでした。「彼は二四歳の新人だから、結婚はまだできないでしょ。私は今すぐにでも結婚しなきゃの年だったから、この人とちゃんと付き合っちゃいけないんだ、いけないんだ、って言い聞かせながら、付き合っていたんです。やっぱり「四歳」という年の差が、ふたりにとってものすごく大きかったと思います」彼と恋愛をしたいという気持ちと、結婚しなくてはいけないという気持ち。ふたつの気持ちの間で揺れながらも交際は続き、結婚への道筋もたてられないまま、美恵子さんは三歳を迎えました。

結婚は依然として最も一般的な問題です

「ちょうどその頃から、仕事がどんどんきつくなってきていたんです。不景気で商社も大変だから、女子社員にも事務仕事以上のことを求められるようになってきたんですが、それが苦痛で……。三十歳の四月に退職願を出したら受理されて、半年後に辞めることになったんです。いざ辞めることが決まると、「ここまで来たんだからなんとしても寿退社に持ち込まねば」って、急に焦りだしました。それから必死で彼を説得し始めたんです。彼はあまり乗り気ではありませんでしたが、もう三年も付き合ったし、私が三十歳になったことで責任を感じていたみたいで。

ご両親はおそらく、「娘にはこの男性よりもっといい人がいるはず」と考え、彼女のためと真剣に考えて反対したのだと思います。そして彼女は結局、ご両親の反対によってその男性と結婚することができませんでした。彼女は本当に泣く泣くその男性との結婚をあきらめたのですが、その結果、彼女はその後ずっと結婚しないで、50代になる現在も未婚のままです。心から結婚したいと思ったその人と結婚できなかったことで、彼女の心の中に大きなしこりのようなものが残ってしまい、彼女のその後の人生を大きく変えてしまったのです。もし、その彼と結婚できていたならば……。このように、過去の失恋のこと、元彼のことが忘れられず、だと、新しい恋に気持ちは向けられません心の中にずっとしこりが残ったまままずは気持ちを切り替えることが大切です。

夫婦の3分の2に反応しなければならないことがわかったら

そのきっかけ作りは難しいかもしれませんが、一歩でも前に進むためには少しでも早く気持ちを切り替えることが必要なのです。元彼への気持ちを捨て去りましょう失恋をした女性は、なぜ過去の失恋からいつまでたっても抜け出すことができないのでしょうか?当然ですが、一番の理由は前述のように「元彼への気持ちが残っているから」です。元彼に気持ちが残っている女性の多くは、彼のほうから別れを告げられたケースが圧倒的に多いのです。相手から別れを告げられた人は、いつまでたっても、まだ好きという気持ち、再び元彼と付き合いたいという気持ちが残っているのでなかなか心の整理がつきません。
夫婦の感情は家庭でほとんど表現されず
夫婦の感情は家庭でほとんど表現されず