夫婦に依存することをやめ

恋活は間違いなく問題になると考えました

自分にとってどっちが大切かと考えたときに、自分が無理しないでのびのびとできる方がいいかもしれない、って思いました。彼とは価値観がとても近いし、大事だと思うものが似ているから、将来的に心配なく老後まで一緒にやっていけると感じたんです。もちろん「ときめき」も捨てがたいですが、やっぱりずっと一緒にいるんだから、「心地いい」というのが、番大切だって思って」先輩への想い、ご両親の反対、結婚願望の希薄さ……佐恵さんの中にあったいろんな「障害」が少しずつ溶けてゆき、一年後に挙式をあげました。結婚に対して不安が多かった佐恵さんですが、実際に結婚してみて、どんな風に感じているのでしょうか。三二歳の春に結婚を決意。「今感じるのは……結婚して安定してしまったら仕事に対してモチベーションが下がるかもしれないって思っていたんですが、今は逆に高まってるんです。

結婚後に世界に注意を払わず

彼の仕事も浮き沈みがあるから、調子が悪いときは私ががんばる、って思える。お互い自由業だし将来的に不安はあるけど、この人とだったら番下まで落ちてもやっていけるんじゃないかって思うんです。そういう意味で、支えあって生きていけることはすごくうれしいですね。不安定な職業の人を選んだのがよかったのかもしれません」緒に生きていける人がいるのは、すごく安心感があるということです。どんなことでもそうですが、問題は一つじゃないと思います。

そして何をしてあげれば相手が喜んでくれるのかを考えるとき、「相手のことを注意深く観察する」ことは、当たり前すぎるくらい絶対的に不可欠なことになるのです。この当たり前が実践できているかどうかを、老夫も、それぞれ真剣に考えることが、幸せな結婚につながるのです。「私は何をしてほしいか?」幸せになるためにとても大切なテーマとは、してあげられるのか?」なのです。ではなく、「私は、何を燃えるような恋から「静かな愛」へブログに届く凄たちからのメールに多いのが、「どうしたら、昔のふたりに戻れますか?」という悩み相談です。恋愛がスタートしたころは、何もかもが新鮮で、胸の高鳴りを抑えきれませんけれど、その新鮮な気持ちは、ずーっと続くわけではありません。

夫婦は愛を見つけましたが

「社員名簿に携帯電話の番号を書いてみることにしたんです。緊急連絡のためのものなんですが、個人情報の問題やストーカーの危険性があって女子社員は特に書かなくてもよかったんです。でも、ここでうっかり書いてしまうという「スキ」をつくることで、誰かがアプローチしてくれるかもしれない!と思って。下手したらストーカーとかが寄りかねないという、かなりの危険が伴いますが、賭けてみたんです」すると……しばらくした頃、携帯に登録されていない番号から電話がかかってきました。「知らない番号だしワン切りかもしれないから出ないでいたら、翌日、隣の部署の一つ年下の男性.Aさんに、エレベーターの中で「すみません、昨日電話しちゃつて」って声かけられたんです。

離婚しているからです

お話したいことがあるから今日の夜電話してもいいですか?って言われて。Aさんは、その前の年から同じフロアになったので、そんなに親しくなかったんですが、三年ぐらい前に共通の友人の披露宴で一緒に受付をやったことがあったんです。経理部の人だったからご祝儀の計算とかがプロフェッショナルで、すごいなぁと思ったのを覚えていて。でもそれ以降は接点もなく、エレベーターや給湯室で会ったら世間話をする程度だったんです」その頃、後輩たちから頻繁に社内の恋愛相談を受けていた瞳さん。今回もてっきり、瞳さんの友だちとの間をとりもってほしいという相談だと思っていたのですが……。

      夫婦はどんな愛好家で
      結婚は必要ありません
      離婚していないという気持ちは受けられません
      結婚式に出席するすべての写真家は

夫婦に依頼しました

すると仔犬は、ちぎれそうになるほど尻尾を振ってク、とすり寄ってくる。あなたが仔犬を愛すれば愛するほど、同じ仔犬がもっともっと可愛く、愛おしい存在になっていくのです。美に端を発した愛のエネルギーが、対象に反射する形で、再び主体であるあなたのもとに返ってくる。この好サイクルの連鎖が、愛のエネルギーを増幅させ、同時に美をさらに光り輝かせていくのです。これが愛のパワーですさて、今、彼とあなたの間で、この美と愛のサイクルは成立していますか?

結婚しているようです

彼にとってあなたは、いつまでも美しく可愛い、まさに愛すべき「美」の対象になっていますか?男性に心から愛される幸せな女性になりたいと思うのであれば、「美を愛する生き物である」という真理を知らなければなりません女性であるあなたは、男性とはこの真理を知らずに、結婚した女性はどうなるでしょう?だんだん体重が増えていってもあまり気にならない。化粧もしないで家の中をジャージで歩きまわっても平気。もうオバサンだからとおしゃれに気をかけなくなる。美の対象であることを放棄してしまって、「最近、夫が抱いてくれません」と、不満をいうのは、ちょっと身勝手でしょう。もちろん私は、美容ブームやダイエットブームを持ち出すまでもなく、世の女性たちが、美しくあろうと懸命の努力をしていることも知っています。

夫婦に興味がないので

出会ったころのドキドキ感も少し触れられただけで心臓が息が止まりそうなほど反応していた性感も、時間とともに薄れていきます。これは、とても当たり前のことです。しかし、頭では「そんなものと理解できたとしても心はたまらない寂しさを覚えて、どうして?なんで?ともうひとりの自分に問いかけます。「本当に、時間のせいなの?「もしかして彼の愛が少なくなったから?」「ねぇ、どっちなの?」。愛とは目に見えないものです。心の中から取り出して、「これがあなたの愛」「これが私の愛」確認することができれば、こんなに悩まなくてもすむのに……。見えないから苦しいこともあるけど、見えないからこそ、思い悩み、一度きりの人生のドラマコクが生まれるのだと思うのです。